体罰スパンキング

学校

作品名(作者)概要施設の種類制服規則と体罰特長的な罰

School of Hard Knocks(AP Miller)

[紹介ページ]

power and controlを学ぶfinishing schoolの話。

Finishing School

ミッシング44、ミッシング55[DVD]

[紹介ページ]

拉致・監禁された女子高生が過酷な調教にさらされオークションで売られる。


Finishing School(Scott Church)

[紹介ページ]

高校卒業したら、厳格な、寄宿学校に入れられた。

Finishing School

New Girl at St Justine’s(Victor Bruno)

[紹介ページ]

一応、学校ですが、女学生は、誘拐してきて、洗脳されています。この学校の所有者は、直接学校には現れず、学校に仕掛 […]

Private School あり クロスカントリーで、順位が後半のもの、テニスで負けたものにもむち打ち

School of Discipline(Crimson Rose)

[紹介ページ]

羞恥罰が、重要と考える学校に娘を入れようとしたら、なぜか母親が。


Madame Vosges’ Finishing School: Volume 1(Victor Bruno)

[紹介ページ]

規則も厳しいし、勉強もハードな学校で、Finishing School(社交界デビュー用の学校)といいながら、 […]

Finishing School

Alternative Corporal Punishment(Richard Stryker)

[紹介ページ]

18才の9人の学生が万引きでつかまってしまって、朝の集会で、9人が呼び出されるところから始まります。


Strapwell School for Young Ladies

[紹介ページ]

規則にとても厳しい学校の卒業生が、その学校に就職しに戻ってきた。

private school ? あり 肩章が、クリップになっていて、スカートを捲り上げて止めて置けるようになっている あまり細かい事は記述なし。 いろいろ

The Spanking Academy(Jacqui Knight)

[紹介ページ]

孤島にある厳しい体罰の学校

Private School 着るものは全部支給品。ビニールパンツ(鞭打たれた血が付いたおしりであちこち汚さないように)、レインコートもある。 違反の度にケインの数が、最初15打->30->60->120と倍々になっていく。月ごとにリセットされる。

A Teacher’s Dispatch: An Illustrated Spanking and Enema Fantasy(Alice Liddell)

[紹介ページ]

ボストン生まれの先生が、日本の「雪桜女子校」に来てみた体罰についての話。

private school ? あり

The Academy(DJ Black)

[紹介ページ]

The Academyは、19才から25才までの女子の教育と訓練のために設立されました。

finishing school +re-education camp なし お仕置き用ガウンはある レベル1からレベル5まで規定されている。
1から3は、メンターや各先生の裁量で出来が、レベル4はかなり厳しいもので、校長の許可がいります。レベル5は、退学の代わりにもっとも厳しいもので、公開で行われるし、その後も、1週間お尻丸出しのガウンでいなければいけない、毎週レベル3の罰を受けなければならない
【ドリル】部屋の中に呼ばれるまで、パンツを脱いでスカートをまくって、おしりを出して部屋の外で壁に向かって立っていなければならないというものです。もちろん、おしりを叩かれた後も、コナータイムとして同じようにさせられます。