体罰スパンキング

The Reform Academy

自由が制限された近未来、ふしだらな関係の罪で、Reform Schoolに送られることになったLisaの話。法廷で法廷侮辱罪も加わり、グレード2の矯正施設6ヶ月がグレード1の矯正施設12ヶ月になるところから始まる。
施設の所長さんも、最初の反省房に入れるとき、期間も長めの6日、他の囚人は、朝晩2回の鞭打ち(1回に付き5打)が朝昼晩の3回と、大盤振る舞いをされる。これだけの話でこの本の最初の40%が、過ぎてしまいます。
この施設は、Schoolと呼ばれるだけあって、60%が教室形式。その他に、「体育」「訓練」「農作業」が行われます。
Victor Brunoなんで、教室とかは、他の作品と似た感じの体罰が行われます。すすむ時間が短いですが、それなりに楽しめました。★★★★
2に続きます。

 

Comments are closed.