体罰スパンキング

The Female Correctional Centre

体罰が認められた時代。矯正施設の医療責任者のお話。
監獄ものかと思ったら、この施設、体罰を行うだけだった。

男性なのに女性用矯正施設の医療責任者になった人のある月曜日の執行記録。
医療責任者というが、全体を完全に仕切っていたので、センター長同然です。
裁判所で、宣告された体罰を3人に行った。おしりとあしお裏のセットになっている。
一人は、1日での執行は無理と判断して、半分は、また、6週間後に来てね、となるが、その他はその場で終了。

お仕置きの内容は満足行くものだったが、集団生活みたいなものが無くて、ちょっと残念。 ★★★

Comments are closed.