体罰スパンキング

Russian Reform School

題名がreform schoolですが、それ以外の家庭や普通の学校での話も多いです。
各メンバーが、reform schoolに来るまでと来てからのことを、順番に書かれています。

Taniaが、通常の学校でお仕置きを受ける場面から始まって、なかなかreform schoolにたどり着かない。
やっとたどり着いたと思ったら、reform schoolで知り合った人たちそれぞれがreform schoolに来て最近までの話になってしまいました。
まあ、お仕置き小説としては、いろりろ楽しめるのですが、期待していたreform schoolに関しては、あまり無い印象になってしまった。

まあまあ楽しめました。★★★

Comments are closed.