体罰スパンキング

Bleakdale Grange: The Haunting

近未来のイギリスの矯正施設の話。The Hauntingは、Bleakdale Grange3部作の2番めの作品で、幽霊騒ぎを軸に、受刑者が、’schoolgirls’ の制服をきて、’schoolgirls’ のようにお仕置きされます。
前のPrepとは、場所とメンバーが同じというだけで、特につながりは無いので、単独で読めます。
Prepとは違って、数日の話になり、少し日常的な話も出てきます。
幽霊がいるのではという噂がでて、調査のためにルール違反をして体罰を受けたり、「Special Meeting」という、特別指導が行われたり、集団反乱を企んでいるのではと、全生徒(?)のケインでのお仕置きが出てきます。
前作を読んでいると、全生徒(?)のお仕置きがあるといので、長々と続くのかとおもったが、一応、クラス4Bが主人公になっているので、4Bの生徒(?)の記述がメインで、他のクラスの生徒(?)の記述は端折られ気味になってます。

話の範囲も広がって楽しめました。
なかなか、いい線いっていました。★★★★

シリーズ3作のBOX版もあります。

Comments are closed.