体罰スパンキング

Backlash

近未来、女性の権利が制限されるようになった世界。16才になったMaryは、友達の家で宿題をやった帰りに、法律で定められた門限に間に合わないところを、近所のおじさんCurtisに見つかってしまう。その時、年齢をごまかそうとしたりしていた。
裁判で、Refomatoryに送られる。

このとき一緒に送られたPamelaやAmandaともに過ごすRefomatoryでの話がメイン。といっても、送り込まれた時点で本のページは2/3進んでいるので、Refomatoryでの話がもう少しあるかと期待しているうちに終わってしまった。
近所のおじさんが一生懸命に門限破りを見つけるのは、違反者を自分ちで教育出来るからなんですね。その他、裁判官や院長などのことも述べられている。みなさん、好きでやっているんです。

そんなに長い話でないし、最初の裁判とかの部分にRefomatoryでのお仕置きの話が平行して入れられるなど、興味を持ち続けて読めるようになっていました。
ただ、本全体の77%で終わって、そこからは他の本の説明になっていた。最後の部分も一気に終わり、打ち切りにあったような感じであった。
楽しめました。★★★★

Comments are closed.