体罰スパンキング

The Semester of Standing for Supper

しばらく、最後まで読み通せるような本に会えなくて、挫折が続いていましたが、久しぶりに最後まで読めました。
まあ、少し短めなんですが。
debaggingというおしりを露出させる罰を受ける女学生の話です。当然スパンキング付きです。
次は、debaggingだよというお尻叩きの罰を受けたのに、酔っ払って授業をサボってしまい、手紙が送られてくるんですね。
今夜6時debagging開始、明日9時に出頭せよって。
まずは、外で鞭打つための枝集め、事務所のホールでコーナータイム、拾ってきた枝でむち打ちと続きます。
その後も、授業受けたりといろいろ続きます。回想などで、他の子の罰も出てきますが、基本1人の一連のdebaggingの話だけです。

でも、大変気に入りました。★★★★★

Comments are closed.