体罰スパンキング

The Academy

The Academyは、19才から25才までの女子の教育と訓練のために設立されました。

表紙は、全然普通の本みたいですが、スパンキングものです。いきなり、最初から学校のルールの説明です。
体罰は、レベル1から5まであり、1から3は、メンター(担任)や各先生の裁量で出来るみたいですが、レベル4はかなり厳しいもので、校長の許可がいります。レベル5は、退学の代わりにもっとも厳しいもので、公開で行われるし、その後も、1週間お尻丸出しのガウンでいなければいけないは、毎週レベル3の罰を受けなければならないなど、盛りだくさんです。

 面白いと思ったのは、各先生に罰をもらいに行くときの「ドリル」と呼ばれるものです。部屋の中に呼ばれるまで、パンツを脱いでスカートをまくって、おしりを出して部屋の外で壁に向かって立っていなければならないというものです。もちろん、おしりを叩かれた後も、コナータイムとして同じようにさせられます。
 話は、結構複雑なところもあり、長いので、読むのに苦労はしましたが、とてもおもしろかったです。★★★★★

Comments are closed.