体罰スパンキング

Over the Desk: Volume 2: schoolgirl spanking tales

女学生が、体罰でスパンキングを受ける短編集。
1番のお気に入りは、「The Panty Parade」

優秀な生徒が優秀であるためとのプレッシャーでカンニングをしてお仕置きを受ける。重大な違反者は、毎週月曜の集会で、みんなの間をスカート無しで歩き、壇上まで上げられて報告される。更に特に重大な違反者は、ここでケインで打たれる。その他の者は、校長室に戻って、打たれる。その日一日は、スカート無しで過ごす。
その後、とっつきにくいと思われていたのが、体罰を受けて、とけこむようになるという話し付き。

その他、「Prefect’s Punishment」は、バスでじゃけにしたのが、偉い人で、学校に乗り込んできて、体罰を要求する。
「Cross Country」は、上手くショートカットしてサボろうとしたが、計算違いで優勝してしまい、その後、ズルがバレてお仕置きされる。
「An Appointment with Miss Johnson」は、体育館で、体操着で、木馬のうえで叩かれる。
「Daydreamer」は、珍しく上の空の優等生を、居残りにさせた先生が、こんなチャンスは無いと、スパンキングに持っていく。
「Playing Away」は、ホッケーの試合の遠征先で喧嘩騒ぎを起こし、その学校で体罰を受ける。
「The Weekly Panty Inspection」は、パンティ検査で、違反者は、パンティを没収され、パドルでお仕置きされる。ドレスコードの書類に両親のサインを貰ってこないと次の日もパンティをはけない。

全体的にそれなりに楽しめました。★★★

Comments are closed.